Tomoyuki Yanagawa +
Takayoshi Ohara
Statement
Concept
私たちはイメージを前にしたとき、いったい何を見て、何を感じているのだろうか。
視覚芸術の分野では“見る”という根源的な行為について様々な問いかけが行われてきたが、20世紀以降の芸術が観念へと傾倒していく流れの中で、それらは次第に重要な問題として扱われなくなっていってしまった。21世紀になり、我々はこれらの問題に取り組むために視覚認知の段階から再考する必要性を感じている。
本プロジェクトは心理物理学的な分析と先端的なテクノロジーによって、視覚芸術の新たな可能性を追求すると同時に、“見る”という根源的な行為の思案から人間や世界を深く理解するための試みでもある。

When we are confronted with an image, just what is it that we see, and what do we feel?
In the realm of the visual arts, the basic act of “seeing” has been interrogated in a variety of ways. Since the 20th century, however, amidst a movement toward greater emphasis on concepts in art, issues associated with the act of seeing have gradually ceased to be treated as serious. In the 21st century, in order to come to grips with these issues, we can sense the need to reconsider our approach from the stage of visual perception.
Employing psychophysical analysis and the latest technology, this project is an attempt to gain a more profound understanding of humankind and the world through consideration of the fundamental act of “seeing,” while at the same time seeking out new possibilities in the visual arts.
About "Valeur"
2013年より続けてきた《Valeur(ヴァルール)》シリーズは、イメージをピクセルの集合体として捉え、それらが視感覚に与える力の感覚量を定量化するためのプロジェクトである。
まず前提として、デジタルメディアにおいて全てのイメージはピクセルという単位で表現することができる。画面上にあるすべてのピクセルは「色」と「位置」という固有値を保持しており、全体の関係性の中で相互的な力を持っている。1つのピクセルの変化が与える影響は微々たるものだが、それらの集合が次第に大きな力を持つことで全体の印象を形成していく。我々は、その力の正体であるヴァルール(色価)こそがイメージを構成する上で最も重要な要素であると考えており、また独自のアルゴリズムによって定量化する事を可能とした。

The 《Valeur》 series, ongoing since 2013, is a project that examines images as aggregations of pixels, seeking to quantify the effects they have on the viewer’s sense of sight.
We assume that all images in digital media can be expressed in units called pixels. Each of the pixels in the image retains its own values for color and location, and each has a reciprocal power within the interrelationships of the whole. The effect imparted by a change in a single pixel may be insignificant, but as changes accumulate, they gradually take on a larger power to mold the impression of the whole. We believe that the true identity of that power—that is, the valeur, or color value—is the most important factor in shaping the image, and we have made it possible to quantify that power with an algorithm of our own creation.