Tomoyuki Yanagawa +
Takayoshi Ohara
Works
Numerics
Takayoshi Ohara
year: 2012
material: Display, Computer
size: 1200 x 720 x 77 mm x 2

《Numerics》は、「Valeurシリーズ」と同様に現代の技術を用いて「視覚的な調和を論理的に解釈する」というコンセプトのもと、二次元画面構成のレイアウトにおける視覚的な調和に対してより具体的かつ妥当性の高い法則を得るために行われた研究である。
まず、画面構成上の様々な比較・比率を考える前の最も基本的な段階として、私たちの目が「図形同士が均一に配置されている」ように感じる状態について、ある一定の普遍的な答えが存在すると思われる文字のスペーシングを通し考察していった。
具体的に本作は、その考察から得られた推論を画面全体のレイアウトへ応用させたものであり、画面上に複数配置された図形の視覚的な優先順位を、独自の物理シミュレーションを用いて均一な状態にするまでのプロセスと、その結果を映像として収めたものである。

Much like the Valeur series, 《Numerics》 starts from the point of using modern technology toward a logical interpretation of visual harmony. This study then seeks to develop more concrete, stringent, and valid laws applicable to visual harmony in the composition and layouts of two-dimensional images.
In the most basic step before considering various comparisons and ratios relating to image composition, our eyes first sense whether the shapes in an image are set out uniformly. With regard to this, we have investigated the spacing of typographic characters, a realm that is thought to be governed by certain settled, ubiquitous solutions.
This work specifically puts the implications of that inquiry to use in the layouts of whole images. It produces, in the form of images, the process of altering the visual order of precedence of multiple shapes set out in an image, using our own physics simulation, until they reach a state of equilibrium, as well as the results of this process.