Tomoyuki Yanagawa +
Takayoshi Ohara
Works
Valeur [Area Conversion]
Tomoyuki Yanagawa + Takayoshi Ohara
year: 2016
material: Lambda Paper, Acrylic Plate, Degital Gelatin Silver Print
size: W600 x H600 x D20 mm

色の見えの強さはその面積や形、隣り合う色によって相対的に変化するが、《Area Conversion》では、そういった色彩と面積の関係性による造形感覚に着目した作品である。
まず任意のグリッド画像から使われている色ごとに視覚的な強さであるヴァルールを計算し、「強い色は小さく」「弱い色は大きく」といったように面積を調整していくことで、画面内のすべての色面が同じ視覚的な強さを持っているという均衡状態を作り出している。
結果的に現れている色面はどの色にも偏りがない状態になっているので、例えば「赤い画面」や「青い画面」のような特定の色の印象がないイメージとなっている。

The brightness of colours can have a relative effect on the area, shape and neighbouring colors, but in “Area Conversion”, the sense of form brought about by the relationship between color and area is explored.
Firstly, the Valeur, the visual brightness, of each color used in an arbitrary grid image is calculated, then by adjusting the area so bright colors are small, and faint colors are large, a balanced state is produced in which all colored surfaces within the image have the same visual brightness.
The resulting colored surfaces have no distinction between them no matter what color they are, so it has become an image where there is no specific impression of color, such as “red surface” or “blue surface”.